アディスアベバ・ボレ国際空港にて その1

過去幾つかの国へ仕事や視察などで渡航しておりますが、その内エチオピアへの渡航は8度に及びます(長くエチオピアの事業に携わっている皆様に比べれば足元にも及びませんが)。エチオピアの空の玄関口となる「アディスアベバ・ボレ国際空港」について書きたいと思います。

ボレ国際空港はアディスアベバ近郊のボレという町にあり、エチオピア航空の本拠地としてエチオピア国内外に多くの路線を保有しています。他に路線を持つ航空会社にエミレーツ、ルフトハンザ、ケニア、ターキッシュエアラインズ等があります。また同空港はアフリカのハブ空港としての役割も担い、全てのアフリカ諸国との間に路線を繋いでいます。

帰国の際に出国審査を終えて出発フロアに向かうと、あらゆる国や地域の民族の人々がベンチで待ちながらスマートフォンを操作していたり、売店で土産物を物色していたり、喫茶店で飲み物を楽しみながら出発を待つ姿を見る事が出来ます。民族・宗教の別なく多くの人々が行き交う姿は、「人種のるつぼ」という言葉を思い浮かべずにはいられません(最近はその様な表現に「人種のサラダボウル」という言葉が多用されるようです)。

そんな私もサラダボウルの具材の一つとなって、出国前に空港内で繰り広げられる国際的な光景を楽しんでおります。

投稿者: 守重へきろう

インパック株式会社 代表取締役

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中