JFMA欧州視察 その1

7月25日から8月1日にかけて弊社が所属するJFMA(日本フローラルマーケティング協会)が主催する欧州視察(オランダ・ベルギー)に参加しました。私にとっては約3年振りの海外出張、オランダへの渡航は約6年振りとなります。

海外への渡航は世界的に緩和の方向に向かってはいるものの、出発地となった成田空港は旅行客が少なくターミナル内の店舗も休業・時短営業で、夕方にはほとんどが営業を終わらせ閑散としていました。また今回の航空便はカタール航空で、オランダへの直行便が運航を止めている事もあり、カタールの首都ドーハの「ハマド国際空港」でオランダ行きに乗り換えての移動となります。午後10時半頃に離陸し、約12時間のフライトを経て現地時間26日午前4時半頃、ハマド国際空港に到着しました。

カタールは今年11月から始まるサッカーW杯の開催国という事もあり、旅客機の安全確認の動画にサッカー選手を起用したり、ターミナル内に巨大なテディベア?を設置するなど、観光客の誘致に力を入れているのが分かりました。オランダ行きの旅客機に登場するまでの4時間弱、飲み物や軽食を摂るなどしましたが、飲食品の価格が日本とは比べ物にならないほど高く、飲み物とサンドイッチの組み合わせで2千円を大きく上回っていました。

ハマド国際空港からオランダのアムステルダム・スキポール国際空港までは7時間弱、旅客機を降りて入国審査に向かったのですが、ゲート前の大変な混雑の中で審査を通過するのに約1時間かかりました。どうやらコロナ禍での旅行者減少に対し空港職員を削減した事で、各所で人手不足が起きているとの事でした。そして待つ人の大半がノーマスクで律儀にマスクを使用しているのは我々を含めて少ない人数でした。ハマド国際空港でもマスクを使用している人は半分もいなかったと思います。 新型コロナに対する日本と海外の認識の違いを、道中で見せつけられた気分でした。

投稿者: 守重へきろう

インパック株式会社 代表取締役

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。