ケニア初渡航 その2(又はビザの取得について)

我が国日本の旅券(パスポート)は、殆どの国で査証(ビザ)なし渡航が可能なほど信頼が高いと言われています。それでもビザの所持が必要な国があり、我々などはエチオピア出張には毎回ビジネスビザを申請、大使館で発給してもらった上で現地に向かう様にしております。

こうしたビザの申請・発給も当然電子化の流れを受けて、最近エチオピア大使館へのビザ申請も所謂「e‐Visa(イー・ビザ)」で行われる様になりました。尤も新型コロナウイルスの影響で一昨年以来出張を行えず、それまで窓口で申請を行って来た我々にとって、渡航再開となった時に慣れない電子申請で、面倒や煩わしさで苦労を感じるかもしれません(それはそれで何れ慣れるとは思います)。

と言ったものの、実は過去に一度だけe‐Visa発行の手続きを行ったことがあります。ケニア初渡航の際にケニア大使館のHPでe‐Visa発行の専用ページと手続きの方法があり、大使館まで行っての手続きと受け取りを行う不便と、e‐Visaの手続きを経験しておくか、という思いから行いましたが、パソコンでの手続きに「大使館に行った方が良かったかな・・・」などとその時思ったものです。証明写真やパスポートの顔写真のページをスキャナで取り込んで送信、やきもきしながら数日待った後、どうにかe‐Visaが発給されました。印刷してホッとしたのも束の間、『場合によってはこのビザで入国が認められない事もあります(意訳)』という注意書きがあり、「本当に大丈夫かこれ・・・」という思いを、入国審査の直前まで抱えていました。ケニア到着後、空港の審査ゲートの脇にビザ申請のポストを見付け、「このビザが駄目ならあそこで申請するのか・・・」と不安に駆られましたが、審査は問題なく通過しました。

好むと好まざるとに関わらず、簡便化と迅速化のニーズに応える様に、世の中のあらゆる手続きは確実に電子化に向かっているのだと痛感しました。

ケニア初渡航 その2(又はビザの取得について)

我が国日本の旅券(パスポート)は殆どの国で査証(ビザ)なし渡航が可能なほど信頼が高いと言われています。それでもビザの所持が必要な国があり、我々などはエチオピア出張には毎回ビジネスビザを申請、大使館で発給してもらった上で現地に向かう様にしております。

こうしたビザの申請・発給も当然電子化の流れを受けて、最近エチオピア大使館へのビザ申請も所謂「e‐Visa(イー・ビザ)」で行われる様になりました。尤も新型コロナウイルスの影響で一昨年以来出張を行えず、それまで窓口で申請を行って来た我々にとって、渡航再開となった時に慣れない電子申請で、面倒や煩わしさで苦労を感じるかもしれません(それはそれで何れ慣れるとは思います)。

と言ったものの、実は過去に一度だけe‐Visa発行の手続きを行ったことがあります。ケニア初渡航の際にケニア大使館のHPでe‐Visa発行の専用ページと手続きの方法があり、大使館まで行っての手続きと受け取りを行う不便と、e‐Visaの手続きを経験しておくか、という思いから行いましたが、パソコンでの手続きに「大使館に行った方が良かったかな・・・」などとその時思ったものです。証明写真やパスポートの顔写真のページをスキャナで取り込んで送信、やきもきしながら数日待った後、どうにかe‐Visaが発給されました。印刷してホッとしたのも束の間、『場合によってはこのビザで入国が認められない事もあります(意訳)』という注意書きがあり、「本当に大丈夫かこれ・・・」という思いを、入国審査の直前まで抱えていました。ケニア到着後、空港の審査ゲートの脇にビザ申請のポストを見付け、「このビザが駄目ならあそこで申請するのか・・・」と不安に駆られましたが、審査は問題なく通過しました。

好むと好まざるとに関わらず、簡便化と迅速化のニーズに応える様に、世の中のあらゆる手続きは確実に電子化に向かっているのだと痛感しました。

投稿者: 守重へきろう

インパック株式会社 代表取締役

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。