アディスアベバ・ボレ国際空港にて その3

エチオピア出張でボレ国際空港を利用するのは、「基本的」に入国と出国の時に限られます。では基本的ではない時に利用した事があったのか、と言われると過去に2回あります。

その2回が偶然にも2017年6月の出張時で、1回目は展示会と現地バラ農園の視察を目的としたケニア出張です。その時の出張は2週間に及び、1週目はエチオピアとケニア、残りの2週目はアディスアベバ市内の工場見学と、JETRO(国際貿易振興機構)が主催した「エチオピア投資ミッション」への参加でした。1週目は他の社員と3名での行動でしたが、2週目は私一人でケニアからエチオピアに戻った際に、帰国する2名と空港で別れて、私は1人で宿泊するホテルのバスで戻り、帰国までの1週間を過ごすというものでした。

1回目のケニア・ナイロビ行きは、朝7時にボレ空港に到着し、9時出発のフライト予定でしたが、機体のトラブルで離陸が遅れ、出発したのは11時過ぎでした。海外の国際線ともなれば、そういうトラブルも起こり得るものとして構えなければならないと思ったものです。

そして2回目のボレ空港利用は、上記投資ミッションでアディスアベバの南にあるアワッサという場所にある工業団地を見学する為、エチオピア航空の国内線に初めて搭乗し、アワッサ空港に到着しました。今後のバラ農園の新規開拓を行う上で、国内線の利用する経験を1回でも行う必要があったと感じております。

これからもボレ国際空港は様々な形で利用する事になるだろうと思う次第です。

ケニア渡航とアワッサでの経験はいずれこのブログで披露したいと思います。

投稿者: 守重へきろう

インパック株式会社 代表取締役

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中