なりたい!

今月3日に行われた五輪男子サッカーの準決勝をテレビで見ていました。結果だけは残念でしたが、それでもまだもう1試合戦える、メダルを獲得するチャンスが残されている事は、グループリーグから準決勝まで勝ち続け、優勝候補のスペインを相手に堂々120分戦い抜いた結果であり、日本サッカーが着実に地力をつけ、また将来に繋がる経験を得られたのだと思います。

試合後に主将の吉田麻也選手がインタビューで絞り出す様に答えている姿が強く印象に残りました。目指していた頂点に紙一重で届かず、地の底に落とされた様な精神状態で、それでも主将としての責務として言葉を発した姿は痛々しくさえ感じましたが、「最後はやっぱりメダリストになりたいです」という一言は不思議と力強さを感じさせるものでした。

ご本人の発言で「精神面を話す事は好きではない」と仰っていましたが、国際大会で戦うには選手自身の実力にチームを支えるサポート体制や相手チームの情報収集・分析力など、勝利に繋がる強化を確実に行う為の、あらゆる要素を統合したチーム全体の総合力が求められる事は論を待たないと思います。精神面は絶対でも第一でもないとは思いますが、同時に総合力を構成する不可分の要素だとも思います。

3位決定戦で対戦するメキシコも「なりたい」の思いを強く保って臨むと思います。日本代表チームがメダリストとなれる様に、最後まで「なりたい」の思いを保ち続け、メダリストになれる事を最後まで応援し続けます。

投稿者: 守重へきろう

インパック株式会社 代表取締役

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中