埃と花

エチオピア航空で約17時間を掛けて、現地時間朝7時過ぎに首都アディスアベバのボレ国際空港に到着、宿泊先のホテルにチェックインの後、その日の午前中に最初の訪問先のバラ農園に向かいます。日中の移動の殆どは車で、多少は徒歩で移動しますが、車道や歩道の隅に結構な量の埃や砂埃を見掛ける事があります。

道端に埃が溜まり易いのはむしろ当然で、アディスアベバは町全体が建設ラッシュの最中にあり、建設現場から掘り返した土や建材などから砂や埃が出やすくなっています。また高地特有の乾燥した気候に加えて1年の3分の2が乾季でもある為、どうしても街中は埃っぽく感じる事があります。

そんなアディスアベバの環境美化に取り組もうと、最近では多くの市民が参加して市内の掃除に乗り出しています。驚いたのはアビー・アハメド・アリ首相も箒を手にして市民と一緒に清掃活動に参加している姿をSNSの動画で見る機会があったことでした。私の拙い記憶で言えば、アフリカ諸国の首相や国家元首で首都の清掃活動に参加していたのは、今の所アビー首相だけではないでしょうか。

以前にも、このブログでご紹介しましたが、アディスアベバの名前の意味は「新しい花」となります。急速な近代化を進めるアディスアベバが世界的な大都市として新しくあり続けると同時に、清掃が行き届いた花の様な綺麗な都市となる、この新しさと美しさの両立は大変難しいと思うと同時に、列強の脅威から独立を勝ち取ったアフリカ唯一の国家の誇りによって、案外成し遂げられるのではないかとも思う次第です。

投稿者: 守重へきろう

インパック株式会社 代表取締役

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中