最後の出張から2年、出張の中止から1年

新型コロナウイルスの全世界での感染拡大により、海外への渡航と海外からの日本への入国がほぼ出来ない状況が始まって1年以上が経過しました。航空業界・旅行業界並びに関連する業種の方々が負わされる経済的・心理的な苦境と心労を思うと、1日も早くこの状況が終焉を迎える事を一層強く願わずにはいられません。

弊社は昨年2月末に商談と新規開拓を目的としてエチオピア出張を予定していましたが、万一未知のウイルス感染に至った場合のリスクを考慮して、その当時は延期として様子を見る事としましたがその後の世界中の渡航禁止により中止となりました。最後にエチオピアに訪問したのは2019年の8月で、2年近く現地を訪れておりません。

感染拡大の影響下でも仕事を続けて経済を回さなければならない状況の中で、在宅勤務の推進や外部の商談にオンライン会議が幅広く導入されて、外に出る機会が無くとも仕事を行う環境が加速度的に進められています。しかしながら実際に行かなければならない状況は確実に存在し、感染が終息を迎える暁には新たに導入したビジネススタイルを維持しながら以前の方法も併存して行う、所謂ハイブリッドの様な形で行われるのではないかと思います。と言うよりもそうでなければ現実にウイルスによって苦しむ業種がある事を考えれば、経費の削減に繋がったと単純に言えるものではないと思います。

現状ウイルスの対抗策は接種が始まったワクチンの他には、今まで通り個人々々の感染防止の行動以外に無いようです。耐えるばかりの日々に多くの人々が疲れ、うんざりしていると思います。それでも終わりが、夜明けが来る事を只管信じて今出来る事をやり抜く所存です。

※掲載している画像は一昨年8月のエチオピア出張で撮った写真です。現地のトリさんと、小さいですがアディスアベバ・ジブチ鉄道の列車、そして広大な湖に見える画像は、雨季の長雨で生じた巨大な「ただの水溜り」です。乾季の頃には干上がります。

投稿者: 守重へきろう

インパック株式会社 代表取締役

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中