十年前の3月11日(後編)

線路を歩いて代々木駅に到着した時、当時改札を出てすぐの正面に(今もあるかは分かりませんが)大型の液晶ディスプレイが設置されていて、その画面にNHKの特別編成の地震報道が流されていて、各地の津波の高さの表示を見て「これは本当にえらい事になった」との思いを強くしました。そしてJR・私鉄の運航中止により徒歩での帰宅を決めました。

現地の土地勘がほぼ無かった為、先ずは自宅に向かう一番確実なルートとして新青梅街道を目指す事にしましたが、「とりあえず北に向かえばいいだろ」と簡単に思って歩く内に住宅街に迷い込むなどあったものの、何とか街道に辿り着き自宅に向かって歩きました。

日が傾き夕方の頃合いには私と同様に歩く沢山の人が歩道を占め、車道の渋滞で低速で進む満員の路線バスと追い越し追い越されたりしました。街道沿いの自転車店を何件か通り過ぎる度に「自転車を買って乗って行こうか、いやいや買った後で乗らない自転車が増えるだけだ」としょうもない葛藤を繰り返していました。

空腹を抱えて西武線の田無駅まで到着し、そこで夕食を摂りました。駅の構内に行って見ても当然電車は動いておらず、構内の銀行支店が休憩スペースとして開放され10人位の人々が休憩していました。

取り敢えず自宅に連絡しようと思い、公衆電話で両親と話した所「迎えに行ってやろう」という有難い申し出を即頂きました。ただし「渋滞がひどいのでお互い向かいながら落ち合う」という事になり、疲労の溜まった足を動かし歩き出しました。

早く帰ろうという気持ちが逸ったのか、今思うと代々木から田無までの行程が明らかなオーバーペースと日頃の運動不足で、歩いている内に両足に痙攣が起こり、ふくらはぎがつり始め、膝が笑うどころか爆笑が止まらない様な状態となり、とうとう1時間位歩いた先のコンビニエンスストアの前で座り込んでしまいましたが、幸運にもその直後に迎えの車と落ち合う事が出来ました。自宅に到着した時、時刻は11時を迎えようとしていました。

十年前の3月11日の家路を辿る苦労話など、被災された方々のご苦難に比べればどうという事もない話ですが、この時の経験のお陰で私は東日本大震災の災禍をこれからも忘れず、そしてこれより起こるかもしれない地震への心構えを保つ事が出来ています。

投稿者: 守重へきろう

インパック株式会社 代表取締役

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中