十年前の3月11日(前編)

昨日は東日本大震災の発生から節目の十年を迎え、政府主催の慰霊祭を始め全国で亡くなられた方々への鎮魂の祈り、被災地の復興、そして被災地で住まう人々の幸福を全ての国民が祈り、願う一日でした。

十年前のあの日、午後2時46分に全ての人が地震に遭遇し、想像を絶する被害の光景を目の当たりにしました。私もその一人で地震に遭遇した後どの様にあの日を過ごしていたかをこの場で思い出しながら記したいと思います。

2011年3月11日の午後、その日私はある社外の用事で世田谷区の駒澤大学にお邪魔しておりました。とある方への依頼も無事終わり同行頂いた方と現地で別れ、とりあえず会社へ戻ろうと思い東急の田園都市線で渋谷に向かい山手線に乗り換えました。

そして山手線に乗ってから原宿駅を出発して間もなく、車内に「緊急地震速報を受信したので緊急停止する」旨のアナウンスが流れた直後、車両が激しく振動しました。停車する直前にバウンドする様な揺れを感じた様に思います。

停車した後の社内は私を含め全ての乗客が息をひそめて誰も話をしていませんでした。かすかに聞こえるのはスマートフォンで地震の情報を確認している方々から「東北で地震が・・・」、「大津波が発生・・・」という小さな話声で、当時スマートフォン持っていなかった私はどうやら大地震が東北で発生したようだ、というぼんやりとした感覚があっただけでした。

その後社内に閉じ込められている間に2回目の地震が発生、ちょうど目の前に20階以上の大きなビルが見える場所に止まっていたのですが、そのビルが悪い冗談の様にゆらゆらと揺さぶられているのを目の当たりにして、事の重大さを思い知らされました。

停車から1時間以上経過した頃、JRの職員の方が車両のドアを外から開けてドアにはしごを掛けて降りる手伝いをしてくれました。全ての乗客が線路上を歩いて代々木駅に向かう列に私も加わっていました。車両内に1時間以上カンヅメの状況にあったその時の私は、「渋谷で乗る前にトイレを済ませておいて良かった」などと軽い気持ちでいましたが、それが都内の全路線がストップした中での長い家路の始まりでした。

(続きます)

投稿者: 守重へきろう

インパック株式会社 代表取締役

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中