過去の変え方?

「過去と他人は変えられない、変えられるのは今と自分」とは、色々な場面で聞いた言葉ではないでしょうか。私自身も指導を受ける場面でお聞きするだけでなく、各種媒体でも耳目に触れる様になったと思います

過去は既に終わった事で最早変え様がない、自分以外の人達も思い通りにはならず変わってくれる事はそうそう起こり得ない。であればどうする事も出来ないものにいつまでも拘らず、自分自身と今の環境を変え続ける事に注力する、脇目も振らずに自分を鍛え磨き続ける事が道を拓くことに繋がる、そんな風に理解しています。

そんな時に、ごく最近とある方の講演というか講話をお聞きする機会がありました。その方の半生は天にも昇る様な成功から、奈落に落ちる様な失敗を経て自分の本当にやりたい事に気付き、やりたい事を新たな仕事にして突き詰めた生活を始めると、貧しい暮らしも自分の仕事のネタに変えられるほどに前向きになったそうです。

そしてその方が気付いた自分の辛い過去の変え方、正確には過去を変える、という事ではないのですが、要は「過去は変えられないが、過去に対する捉え方は変えられる」というものでした。

この話には私自身も同意とともに案外思い当たる事があり、過去の海外出張で今考えると割と酷い目にあった(そのほとんどは間違いなく自業自得ですが・・・)のですが、時間が経つに連れて客観的に振り替えられる様になり、今となってはそんな酷い思い出も酒席でのちょっとした笑い話で場を盛り上げる事に役立ったりしています。

過去への捉え方を変えられれば、自分自身と進む道を明るく照らし、楽しいものに変えられるかもしれません。

投稿者: 守重へきろう

インパック株式会社 代表取締役

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中