三色旗

世界の国々で制定されている国旗は様々なデザインがありますが、三つの色を縦や横に配した三色旗を採用している国は多くあります。

エチオピアの国旗も三色旗ですが、それは上から緑・黄・赤の横三色旗で、それを下地にエチオピアの国章である青い円の中に光線を発する五芒星を配したデザインとなります。国旗の緑は肥沃な大地、黄は平和・民族・宗教の調和、赤は国土防衛の為に流された血を意味し、中央の国章は旧エチオピア皇族の先祖とされるソロモン王の紋章です。

エチオピア以外のアフリカの国々の国旗には、エチオピアの国旗をモチーフにして作られたものが、三色旗を縦に配置したものや、二色の旗にもう一色を星にして配するなど様々なデザインが多くあります。

これはエチオピアがアフリカの国々の中で唯一独立を維持した国家で、それぞれの国で独立を目指す活動家たちから尊敬を集めたことにより、独立国のイメージとしてエチオピアの国旗を模範にしてデザインされたと言われており、緑・黄・赤の三色は「汎アフリカ色」と呼ばれています。

国旗に秘められた意味と歴史、周りの国々に与えた影響を感じ取る事が出来ます。

投稿者: 守重へきろう

インパック株式会社 代表取締役

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中