成長の力

エチオピアに出張して短い期間ですが滞在している間に、現地で停電に遭遇する事が何度かあります。

ホテルにいる間や農園の事務所での商談中など1日の内に複数回、時間にして数十秒から10数分の停電の後に電気の供給が再開されますが、バックアップが事前に用意されている事や現地の人々は慣れているとはいえ、作業中のパソコンの画面が消えるのを見ていると内心大丈夫かとドキッとする事があります。また農園自体も運営と維持に大量の電力を使用している為、停電時の予備電力として船舶に内蔵されていそうな大型のディーゼルエンジンを発電機として設置している農園があります。

エチオピアでは消費エネルギーの約9割がバイオマス燃料(薪や牛糞など)で賄われ電力の割合は残りの1割ですが、発電に関してはそのほとんどが豊富な水資源を利用した水力発電となります。最近は風力発電や火山帯を利用した地熱発電も利用しており、発電した電力は国内消費や周辺国への送電に利用されています。さらに今年は「大エチオピア再生ダム(グランドエチオピア・ルネッサンスダム)」という世界トップクラスのダムが稼働し貯水と発電に役立てられます。

電力は国の成長と発展に欠かせない力です。エチオピアは高い成長率を示しているとはいえ、電力を利用出来ない人々がまだ多くおられます。エチオピアの成長と共に電力の恩恵に浴する人々が増え続ける事を願っております。

投稿者: 守重へきろう

インパック株式会社 代表取締役

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中