ホテルからの風景

当方仕事の関係で2016年から都合8度に渡って渡航しました。それによってエチオピアと、エチオピアに関わる方々とのご縁を頂きました。エチオピアにまつわる展示やイベントがあれば足繁く通い、テレビで紹介されると必ずチェックする様になりました。

エチオピアへの渡航は今の所全てビジネスに関わる出張で、エチオピアに到着してすぐにホテルに入り、一息ついた後に各地のバラ農園や関係機関に向かうというのが大まかな行動パターンです。おおよそ1週間程度の日程で、距離の関係上1日1~2件の農園に訪問し、ホテルに戻るのは概ね午後3時から夕方の時間帯となります。

朝ホテルから外出する前や、戻って休憩している時に窓から外を眺めると色々な風景を目にします。経済成長が著しいことからアディスアベバ市内はビルの建設ラッシュが続き、鉄筋がむき出しになった建設中のビルと作業に勤しむ人々、朝の通勤時間帯に道行く人々、午後以降には集団下校する子供たちと一緒に帰る親御さん、駐車場替わりの空き地に牛飼いや羊飼いが、引き連れた何十頭もの牛や羊を休ませている姿を目にする事もあります。

最近はこういう風景を思い出すと奇妙な懐かしさを感じる事もあります。これからもエチオピアの文化風俗や人々の営みを見聞きし、理解を深めたく思います。

投稿者: 守重へきろう

インパック株式会社 代表取締役

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中