コーヒー道

日本でのコーヒーの楽しみ方は、国内外の大小コーヒー店チェーンや昭和の雰囲気漂う喫茶店で供されるコーヒーや、手軽に楽しもうと思えばコンビニエンスストアのドリップコーヒーに缶コーヒーだけでなく自宅でコーヒーを淹れるなど、誰もが気が向いた時に口にする事が出来ます。

エチオピアのコーヒーはこうしたコーヒー文化に慣れた我々には非常に変わって見えます。エチオピアでは「コーヒーセレモニー」という伝統的な習慣が一つの儀式として定着しています。コーヒー豆を煎るところからスタートするのでコーヒーを口にするのに時間が掛かります。それまでの間客人にポップコーンなどの菓子や簡単な軽食を勧めてもてなします。

コーヒーを淹れる人とお客さんとの間には様々な茶器や、小さくカラフルなコーヒーカップ(お猪口のような形をしています)が並べられるので、それを見るのも楽しみの一つです。

作法に則ってコーヒーを淹れてお客さんをもてなす姿は、コーヒーセレモニーを体験した方々は日本の茶道に通じるものがあると話しておられます。

茶道との違いを敢えて挙げさせて頂くと、コーヒーセレモニーはアディスアベバを始めエチオピアの街中のあちこちで、女性が道具を広げてコーヒーを淹れてお客さんが気軽にコーヒーを口にする姿を見かけます。エチオピアの人々にとって伝統であると同時に自然に身に付いたありきたりな文化の様にも思えます。

もし日本国内でコーヒーセレモニーに参加する機会に触れた時は、是非楽しんでみては如何でしょうか。

投稿者: 守重へきろう

インパック株式会社 代表取締役

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中